FC2ブログ

--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

Page up▲

22

January February March April May June July August September October November December
2009(Thu) 18:22

【認知症のニュース】認知症被告の公判停止

認知症

認知症被告の公判停止 佐賀地裁決定 「訴訟能力ない」10月22日15時7分配信 西日本新聞

 妻を包丁で切りつけたとして傷害罪に問われた佐賀市の男性被告(97)が、認知症のため心神喪失状態にあるとして、佐賀地裁(伊藤ゆう子裁判官)が公判停止の決定をしていたことが22日、分かった。弁護人によると、認知症を理由にした公判停止は異例という。

 公判は昨年12月から今年9月までに計4回行われた。被告は息子に付き添われて公判に臨んでいたが、冒頭陳述で「頭がぼけてよう分かりません」と発言したり、被告人席に横たわって目を閉じたりしていた。

 弁護人は2月、「訴訟能力がない」として公判停止を請求。地裁が被告の精神鑑定を実施したところ、鑑定医から「被告は重度の認知症で、訴訟能力がない」との所見が提出され、今月16日に公判停止が決定された。

 起訴状によると、被告は昨年10月2日、自宅で妻の胸や腕を包丁で切りつけ、約2週間のけがを負わせたとされる。

=2009/10/22付 西日本新聞夕刊=
スポンサーサイト

テーマ: 医療・病気・治療
ジャンル: 心と身体

Edit Comments(0) trackBack(0) |

Page up▲

15

January February March April May June July August September October November December
2009(Thu) 09:47

【認知症のニュース】 京都府立医科大、認知症の早期発見へ

認知症

京都府立医科大、認知症の早期発見へ 20日から脳検診実施 10月14日22時9分配信 京都新聞

前頭葉の活動を判定するNIRS装置の実演に臨む山岸久一学長(左)=京都市上京区・京都府立医科大付属病院
 京都府立医科大(京都市上京区)は14日、認知症の兆候の早期発見を目指す「認知症・脳検診」を始めると発表した。新たにNIRS(近赤外線分光法)装置を使い、前頭葉活動の測定結果も踏まえて総合判定する世界でも例のない検査という。
 口頭の質問や筆記で行う認知機能検査(MMSE)に加え、脳の病変を調べるMRI(磁気共鳴画像装置)、血流の状態から脳の活性化を調べるNIRS装置による検査を実施する。認知症につながるような軽度の機能障害があるかどうかを、神経内科医が総合的に判定する。
 NIRS装置による検査は、動物や野菜の単語をできるだけ多く言ってもらいながら、前頭葉がどのように活動しているのか、反応の遅れはないかなどを血流から判定する。
 この日、山岸久一学長が装置を付けて実演した。途中で単語が途切れ、苦笑いする場面もあったが、脳の反応は良好だったという。
 担当の中川正法教授(神経内科学)は「認知症は薬だけでなく、周囲が配慮することでも進行を遅らせることができる。早期発見につなげたい」と話す。
 検診は20日から週1回1人に実施する。研究のための奨学寄付として1回10万円が必要。

テーマ: 医療・病気・治療
ジャンル: 心と身体

Edit Comments(0) trackBack(0) |

Page up▲

13

January February March April May June July August September October November December
2009(Tue) 20:51

作業療法士の藤原 茂さん(山口県・夢のみずうみ社)が登場

未分類

「プロフェッショナル 仕事の流儀」に作業療法士が登場!

11月17日(火)放送予定の人気番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」に、当協会の会員、作業療法士の藤原 茂さん(山口県・夢のみずうみ社)が登場します。作業療法士を広く国民の皆様に知っていただく絶好の機会ですので、ぜひお見逃しなく!

チャンネル : NHK総合
番 組 名 : 「プロフェッショナル 仕事の流儀」
放送日時 : 11月17日(火) 22:00~22:48

(社団法人 日本作業療法士協会HPより)

2年ほど前に見学に行き感動しました。
日本で画期的なデイサービスを展開、デイサービス・デイケアの模範となる施設では!?老いても自己選択ができる施設!?どのようにクーロズアップされ放送されるか楽しみです。

Edit Comments(0) trackBack(0) |

Page up▲

09

January February March April May June July August September October November December
2009(Fri) 22:03

第2回高齢者の住みよい街を考えるネットワーク会議

ネットワーク会議(勉強会)

第2回高齢者の住みよい街を考えるネットワーク
日時 :平成21年10月20日(火) 19:00~20:30
会場 :浜松市 あいホール 403会議室 浜松市中区幸3丁目3-1
テーマ:地域包括支援センターの抱える現状と課題 
       社会福祉士 山口 博美 氏(地域包括支援センター和地)
参加費:500円 (資料代、飲み物代として)
 
申込先:http://form1.fc2.com/form/?id=467986 

問い合わせ先:〒433-8558 浜松市北区三方原町3453
         聖隷クリストファー大学リハビリテーション学部   建木健 
     メール:old.life.support@gmail.com


テーマ: 静岡県
ジャンル: 地域情報

Edit Comments(8) trackBack(0) |

Page up▲

09

January February March April May June July August September October November December
2009(Fri) 20:16

第1回高齢者の住みよい街を考えるネットワーク会議

ネットワーク会議(勉強会)

初回開催
日時:平成21年8月18日(火) 19:00~20:30
   会場:浜松市 あいホール 401会議室 浜松市中区幸3丁目3-1
   テーマ: 高齢者の地域連携における現状と課題
       (老人保健施設白脇ケアセンター,ケアプランセンター湖東より
リハビリ及び看護の視点から事例検討を予定)
         参加費:500円 (資料代、飲み物代として)

参加者:作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、社会福祉士、介護支援専門員、管理者
参加人数:20名

テーマ: 静岡県
ジャンル: 地域情報

Edit Comments(0) trackBack(0) |

Page up▲

09

January February March April May June July August September October November December
2009(Fri) 20:04

高齢者の住みよい街を考えるネットワーク 09年5月 発足

未分類

高齢者が地域で生活していくためには,医療と福祉の連携が欠かせない状況にあります。
「高齢者の住みよい街を考えるネットワーク」は、この地域全体での、高齢者に関係する様々な問題を取り上げ、それをあらゆる立場の参加者から意見を出し合うことで解決の方向を探る場を設けることを目的としております。また,多職種間のネットワークの構築を促進し高齢者が安心・安全に地域生活が送れるにはどのようなサポートが必要であるのかを考えていける場として活動を進めていきたいと考えております。
勉強会では、それぞれが抱えている問題を語っていただく事はもちろん、それについて自由に意見を述べていただき解決のヒントを探るため、あらゆる立場(職種)の方にご参加いただければと考えております。 それぞれの立場にたって超高齢社会に対しどのように地域に貢献できるのか考えていける場となれば良いかと思います。

高齢者の住みよい街を考えるネットワーク
発起人:建木健、阿部邦彦、木下沙央里、古屋仁美

テーマ: 静岡県
ジャンル: 地域情報

Edit Comments(0) trackBack(0) |

Page up▲

09

January February March April May June July August September October November December
2009(Fri) 19:11

高齢者の住みよい街を考えるネットワーク 発足までの経緯

ネットワーク会議(勉強会)

私たちは、平成17年から作業療法士を中心とした「高齢者・認知症研究会」として研修会開催を主に活動を行ってまいりました。この活動では、多くの作業療法士の参加だけでなく、静岡県作業療法士会からも多大なご支援を頂けましたこと、関係者の皆様には深く感謝しております。活動は20回を超えこれまでの内容を振り返る中で、当初の目的とはややずれている活動内容であると感じました。そこで、設立した当初の目的に立ち返り、高齢者を支えるネットワークづくりを目的とした活動を進めていきたいと考えております。
 会の名称を改め「高齢者の住みよい街を考えるネットワーク」とし、この地域全体での、高齢者に関係する様々な問題を取り上げ、それをあらゆる立場の参加者から意見を出し合うことで解決の方向を探る場を設けることを会の活動の中心にすることを考えています。
 浜松市でも、平成22年に高齢化率が20%を上回ると推計されており、全国平均とも大きな差はありません。そのような中で様々な問題提起とそれに対するディスカッションを行い、その内容を発信していくことは、大きな意義があると思います。特に高齢者に関する問題意識は、医療や介護、福祉などの社会保障などに偏りがちですが、私たちはそれにとどまらず、高齢者の主体的な生活を支える地域社会のあり方や、生活に欠かせない商業、活躍の場としての就労・雇用やボランティア活動、高齢者が巻き込まれるトラブルや犯罪、それらから高齢者を守るセーフティーネットなど、幅広く取り上げていこうと考えています。
 この会では、それぞれが抱えている問題を語っていただく事はもちろん、それについて自由に意見を述べていただき解決のヒントを探るため、あらゆる立場の方にご参加いただければと考えております。
 多数の方にお集まりいただければ幸いです。

高齢者の住みよい街を考えるネットワーク 概要
 発起人:建木健、阿部邦彦、木下沙央里、古屋仁美

テーマ: 静岡県
ジャンル: 地域情報

Edit Comments(0) trackBack(0) |

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2009 高齢者の住みよい街を考えるネットワーク, all rights reserved.
09 | 2009/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。