--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

22

January February March April May June July August September October November December
2009(Thu) 18:22

【認知症のニュース】認知症被告の公判停止

認知症

認知症被告の公判停止 佐賀地裁決定 「訴訟能力ない」10月22日15時7分配信 西日本新聞

 妻を包丁で切りつけたとして傷害罪に問われた佐賀市の男性被告(97)が、認知症のため心神喪失状態にあるとして、佐賀地裁(伊藤ゆう子裁判官)が公判停止の決定をしていたことが22日、分かった。弁護人によると、認知症を理由にした公判停止は異例という。

 公判は昨年12月から今年9月までに計4回行われた。被告は息子に付き添われて公判に臨んでいたが、冒頭陳述で「頭がぼけてよう分かりません」と発言したり、被告人席に横たわって目を閉じたりしていた。

 弁護人は2月、「訴訟能力がない」として公判停止を請求。地裁が被告の精神鑑定を実施したところ、鑑定医から「被告は重度の認知症で、訴訟能力がない」との所見が提出され、今月16日に公判停止が決定された。

 起訴状によると、被告は昨年10月2日、自宅で妻の胸や腕を包丁で切りつけ、約2週間のけがを負わせたとされる。

=2009/10/22付 西日本新聞夕刊=
スポンサーサイト

テーマ: 医療・病気・治療
ジャンル: 心と身体

Edit Comments(0) trackBack(0) |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2018 高齢者の住みよい街を考えるネットワーク, all rights reserved.
04 | 2018/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。